So-net無料ブログ作成
検索選択
著作権 ブログトップ

著作権話(3)*前よりもっとやばい [著作権]

前のJASRACの話はやはり予想以上に知られていませんでした。まぁダイヤモンドは他の経済系・政治系雑誌に比べればマイナーですからね。あと大手メディアがあまり報道したがらない、というのもあります。まぁ某宗教団体みたく批判した出版社をすぐ訴えますからね。今の弱腰でジャーナリズムの保護よりも自分たちの懐の保護を優先するメディアには耐えられませんね。

さて、年間1000億円といわれる著作権使用料を集めるJASRAC。当然そのお財布はかなり肥えているようで、2000年あたりの役員報酬をみてみると当時のJASRAC理事長が年間で3565万円、常務理事で2771万円もらっています。ちなみに、あの緑資源機構(00年は森林開発公団)で2600万円、道路公団(現在は民営化)総裁でも2614万円であることを考えるとかなり高額すぎます。しかもその前の理事長も退職金を含めると1億円以上もらっています。

さて、JASRACのような公益法人では理事の報酬は第3者機関である『役員報酬審議会』で決定されます。しかし、ダイヤモンドの記述によると、この役員報酬審議会のメンバーは全員JASRACの理事なのです。つまり、自分たちの給料を自分たち自身で決めていたのです。

そしてこのJASRACの放漫経営・サラ金取り立てのような使用料徴収を見逃しているのが文部科学省です。それはなぜか?
たとえば95年11月~98年11月まで理事長だった加戸守行氏は元文科省官房長(現愛媛県知事)、その後任の小野清子氏も文教族議員です。つまり、JASRACはかなり大きな文部官僚の天下り先だったのです。しかも1950年代からずっと理事の名前の中には文部官僚だった人物の名前が見えています。これでは緑資源機構が農水官僚の天下りを受け入れていたのとまったく同じではありませんか。

そしてこれを象徴するような事件が94年の『黒い霧事件』です。これは古賀政男音楽文化振興財団がJASRACから78億円を30年間無利子で貸り、さらにその金で財団の土地にビルを建て、JASRACが入居することで家賃収入を得ようと計画しました。実はこのときの財団の理事は元大物文部官僚、さらにJASRACの顧問をしていた人物も元文部官僚でした。これはよく考えてみれば著作権使用料という『預かっている財産』での融資は法律に抵触する可能性がありましたが、当時の文部省官房長がこれを了承しました。なお、この文部省官房長はのちにJASRAC理事長になっています。

もはや開いた口がふさがらないレベルです。

みなさんはこれを「自分には関係ない」といえますか? みなさんが買ってるCDの多くはJASRAC管理。つまり、CDを買うごとにJASRACに消費税のように使用料を支払っているのです。ですが不透明な著作権使用料の配分・多額すぎる役員報酬・そして文部官僚の天下り受け入れ。マスコミは音楽番組を放送できなくなることを恐れてか全くこの事実を報道しようとしません。そして前述したように参考資料にしたダイヤモンドの発行元もJASRACに訴えられ、現在も係争中です。そしてJASRACは年間1000億円ももっているのにさらにiPodやパソコンのHDDにも補償金の対象を広げることでさらなる収入増加を狙っています。今こそ消費税の引き上げ問題と同じようにこの問題に声をあげるべきではないでしょうか


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

著作権話(番外編) [著作権]

今日は3書くはずなんですが、ちょっと疲れたのでJASRACの悪行についてよくまとめられた動画が色々発見されましたので、ご覧ください。まさかここまでとは・・・

 

これは私が想像していたよりもひどいです。特に大槻ケンヂ氏(絶望先生のOPの人)が自分のエッセイに筋肉少女時代に自分が作詞した曲の歌詞を引用したら「知的財産権は我々にある。使用料をよこせ。」とJASRACから請求が来た話なんてのは著作権が本来、製作者の権利を守るために存在するはずなのに、それを使用するためには製作者ですら使用料を支払わないといけないというのは本末転倒どころか著作権の存在意義すら問われかねません。

あとは明日また書きますが、この話に週刊ダイヤモンドの記事を加えればJASRACは利用者ばかりではなく、委託されていることを大義名分に著作権者からも利益をむさぼっていることになります。もはや著作権を大義名分とした搾取集団としか言えませんね。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

著作権話(2)*かなり危険 [著作権]

この話でここまで本格的に書くのは私も初めての経験なので自分でも意見がまとまっていない部分がわかったりするので、どんどん自分の意見を書き込んでください。賛成・反対どちらでもコメントはなるべく早く返せるように努力します。

さて、今日は『著作権法の非親告罪化』について書こうかと思っていましたが先に日本最大の著作権管理団体JASRAC(社団法人日本音楽著作権協会)について書こうと思います。なお、昨日の話とはほとんど関係ありません。ネットと著作権の話というよりは著作権管理そのものの問題に関する話ですね。

そもそもネットではカスラックなどと呼ばれて評判の悪い団体ですが、一方であまり表に出てこない団体でもあります。

なお、先に参考文献・HPをあげておきますとウィキペディアの『日本音楽著作権協会』のページ週刊ダイヤモンド2005年9月17日号の『企業レポート:日本音楽著作権協会 使用料1000億円の巨大利権 音楽を食い物にする呆れた実態』という記事です。なお、この記事に関しては週刊ダイヤモンドを発行するダイヤモンド社に対してJASRACが損害賠償請求と名誉回復措置を求めて2005年11月11日に東京地方裁判所に訴えを起こしており、現在も係争中である一方で、この記事がYahoo!Japanとzassi.netが2005年12月から2006年1月まで行った『やっぱり雑誌がおもしろい! 雑誌ネット大賞』の一般投票でニュース・報道部門の1位になったことも記述しておきます。

まず、JASRACの簡単な概要から説明しておきますと、その主な業務は歌手や作詞家、音楽出版社から依頼された曲に関する著作権の管理を代行し、音楽利用者に使用許可を与えたり、使用料を徴収することがそのおもな業務です。また、前回書いた私的録音補償金を私的録音録画補償金管理協会から受け取った上で管理手数料10%を差し引いた分を権利者に分配する業務も行っています。いわば『著作権の代行業務屋』と考えてもいいでしょう。

JASRACの誕生は意外にも昔の話で戦前までにさかのぼります。1931年、旧制一高のドイツ人教師だったウィルヘルム・プラーゲがヨーロッパの音楽著作権管理団体から日本での代理権を得たと主張して東京に著作権管理団体『プラーゲ機関』を設立。放送局やオーケストラに楽曲使用料を求められました。

日本は1899年に著作権に関する国際条約であるベルヌ条約に加盟し、著作権法もできていましたが、楽曲を演奏するごとに使用料を支払うという概念がなかったことやこのプラーゲ機関の示した使用料があまりに高すぎたこと、さらにプラーゲのやり方が法的手段も辞さないというかなり強硬なものだったことから日本放送協会は海外の楽曲を1年以上放送できない状態が続きました。

またプラーゲは日本の音楽著作権者にプラーゲ機関への加入を促しますが、かえって反発を招きました。そこで1939年に「著作権に関する仲介業務に関する法律」(仲介業務法)が施行されます。この法律で著作権管理業は内務省の許可を得たものしかできなくなります。そしてこのときに誕生したのがJASRACなのです。これによってプラーゲ機関は日本での業務ができなくなります。そして日本の音楽管理業務は実質的にJASRACの独占となります。

そして驚くべきことにこの仲介業務法は最近まで存在したのです。しかし、90年代以降の規制緩和の流れにより2000年に著作権等管理事業法が成立。著作権管理業務は許可制から登録制になりました。しかし、2005年3月期決算で著作権料の徴収額の総額約1086億円のうち実に99.3%がJASRACによるものなのです。

 

では、JASRACの問題点として挙げられているのは何か?
1つは使用料徴収のすさまじさです。ダイヤモンドの記事によると新潟市にある開業41年目のあるジャズ喫茶は2003年4月にジャスラック職員がやってきて店内に客がいるにも関わらず「(音楽を勝手に使う)ドロボー」と叫んだそうです。その後ジャスラックから過去10年分の使用料550万円を請求され、最終的に280万円を支払うことになったそうです。また、和歌山市にあるレストランカフェは2004年6月に開店以来3年間の生演奏にかかる著作権使用料60万円の支払いを求める請求書でした。しかし、生演奏は月1回、しかもほとんどオリジナル曲だったので支払いを拒んだところ「別の計算方法で算出した使用料」として3倍の180万円の支払いを要求されました。結局JASRACとの民事調停も折り合わず、2005年4月にマイクやアンプなどの演奏機器を差し押さえられ、さらに同年7月にはオーナーの所有するマンションも差し押さえられたそうです。

・・・えっと・・・これってサラ金の取り立てですか?

で、実はJASRACの使用料徴収がこれほど苛烈になったのはJASRACが法的手段に訴え始めた件数の増加と重なります。2000年には100件程度だったのが、2001年には500件近くになり2004年には2500件を超えています。2001年といえば著作権代行業務が許可制から登録制になった年です。どう考えても規制緩和でJASRACが必要以上に苛烈に徴収を始めたとしか思えません。

2つ目はその著作権使用料の基準です。
音楽を使用する店舗は一律料金による包括契約を結んでいます。この包括契約の料金判定は席数や一月あたりの演奏曲数を基準にし、最低ラインを月額1万2000円としています。ところが実際は月額2万円のところもあれば8800円のところもあり、さらには年額で8000円という格安契約を結んでいる店舗もあります。そして、何故料金がそうなっているのかを示す明細などは店舗主やオーナーには渡されていません。また、著作権者にしてもいつ、どこで、どれだけ使われたのかがはっきりと明記されていないのです。さらに奇妙なことはこれだけジャズ喫茶で苛烈な著作権使用料の取り立てが行われているのに作曲者がほとんど受け取っていないという事実です。

つまり、記事からするとJASRACは利用者からサラ金のような苛烈な方法で著作権使用料を徴収しているにも関わらず、著作権者に正当な著作権使用料がいっていない可能性があるのです。

長くなってしまったので今日はこれで打ち止めです。なお書くのにかかった時間は2時間くらいです。疲れましたorz
それでは


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

著作権話(1) [著作権]

どうも。
中国が最近静かだと思ったら今度はこっちで問題が発生しています。

現在『私的録音録画小委員会』というのがひっそりと開かれています。この委員会は『私的録音録画補償金制度』に関して話し合っているものです。

ではそもそも『私的録音録画補償金制度』は何か?
著作権法第30条第一項では私的使用の範囲内でのコピーや複製が認められています。しかし、1992年の著作権法改正によってこの30条第二項としてこの制度が導入されました。現在私たちが買っているMDやCD-ROMの値段にはこの『補償金』を支払っています。そしてこの補償金は製造業者から指定管理団体(私的録音補償金管理協会など)を通じて著作権管理団体(JASRACなど)を介して権利者(歌手やレコード会社)などに分配されます。

この『私的録音録画補償金制度』について話し合っているのが『私的録音録画小委員会』なわけです。では、一体何が進んでいるのか?
それはこの補償金制度の対象物にiPodパソコンHDDまで入れてしまおう!という話なのです。実は著作権法30条二項では補償金制度の対象物については「政令で定める」となっており法改正よりは簡単に行うことができます。iPodはともかくとしても仕事でパソコンを使う人にとっては音楽なんて入れる気がないのにこの補償金を支払わなければならないわけです。

そして今、もう1つとんでもない話が持ち上がっています。それは『ダウンロード違法化』です。今まではwinnyでデータをアップロードした人は『公衆送信権』違反になっていました。要は「放送したり、データをウップロードしてもいい権利」を持っていない人が流した場合が罪だったわけです。ところが、もしダウンロードが違法化されれば「アップロードした人はもちろん、ダウンロードしたやつも同罪だ!」ということになってしまうわけです。

「俺はつべやニコからダウンロードして保存してないから大丈夫♪」と安心している人もいるとは思いますが、それは大きな間違いです。法解釈によっては『ストリーミング再生』も違法になってしまうのです。いちおうストリーミング再生について説明しておきますと・・・

 

 ↑今上の動画をクリックして再生しようとしたときに赤い線がどんどん進んでいきましたよね?実はこれ動画のデータをダウンロードしてパソコンの中に一時的にせよ保存しているのです。つまり、法解釈によっては、これをクリックした時点で『著作権法違反』になってしまう危険性があるわけです。

これに対しては『私的録音録画小委員会』もさすがにまずいと考えたのか「視聴のみを目的とするストリーミング配信サービス(要はようつべやニコニコ動画を見る行為)については一般にダウンロードを伴わないので対象外」という発表をしました。

「じゃあ大丈夫じゃん」とか思った人は私も含めて多いでしょう。しかし、ここでパソコンに詳しい人からある疑問が出てきました。

「じゃあキャッシュによる保存はどうなるの?」

キャッシュによる保存、というのはわかりやすく言うと履歴のことです。履歴にその動画のアドレスがあった場合やお気に入りの部分に動画のアドレスがあった場合はどうなるのか?

「まさかそこまで文句はつけないよ~」と思っていたら

「仮に現行の著作権法でキャッシュが複製と解釈されたとしても、権利制限をすべきではないとする見解が示され、法改正事項として挙げられている。」

ややこしい・・・orz

つまりは「違法かもしれないけど罰則はつけないほうがいいね。」ってことなんですよええ。

「じゃあ大丈夫じゃん」と安心している方。ここは日本です。憲法すらあれ?と思える解釈をしてしまう国です。ここで「違法ではない」としておかないと大変なことになります。

つまり、ようつべなどで動画を検索して見る=キャッシュ(履歴)が残る=履歴として残していても違法、なんですよ。

つまり 、ようつべなどで動画を見る=履歴として残るから違法、となるわけです。

さて、それでは。動画を見ることが違法になればどうなるのか。たとえばさっき上で『ハレ晴れユカイ』の再生ボタンを押してしまった方には著作権管理団体であるJASRACから損害賠償請求がいくことになります。つまり「曲聞いたんだから金払え」なわけです。さらに、証拠保全のためにHDDを押収し、内容を文化庁に報告することもできます。たとえばあなたのHDDに入っている画像の内容やあなたがアクセスしたHPの内容、さらには政府や政権を批判した文章の内容も。

ではこのようなことを決めている『私的録音録画小委員会』なんですがね・・・メンバーの構成が圧倒的に著作権管理団体側に偏っています。ユーザー側に立っている人物はIT・音楽ジャーナリストの津田大介氏1人で、インターネット世界の事情に詳しい人物は皆無で、あとはみんな著作権管理団体側の人間なのです。

今回のこの話はほぼ同じ文章をmixiのほうにも載せてあります。これは今までは「そういう発言がある」程度の問題だったのですが、今回の話はもはや実行段階にはいっている話なので私はかなり大きく見ているためです。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース
著作権 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。