So-net無料ブログ作成
検索選択
国内治安関係 ブログトップ

これは悪質なテロであり、許されない。 [国内治安関係]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081118-00000186-jij-soci


昨日はいった衝撃のニュース。昨日午前中、元厚生省事務次官の山口剛彦さんとその奥さんが自宅で殺されているのが発見され、その日の夕方には元厚生省事務次官の吉原健二さんの奥さんが宅配便を装った男に刺されて、重傷を負う事件が発生しました。


この2つが同一犯の犯行なのか、または別個の事件なのかはわかりません。ただ、玄関先で刺された点や元厚生省事務次官が狙われている点、2人とも年金基礎番号導入にかかわっている点を考えると、この2つには何らかの関連性がある、と考えて間違いないと思います。


昨日からこの事件に関するいくつかのブログやmixi日記を見ていますが「刺されても仕方がない」とか「天罰」とか書かれたものを見かけます。さらに昨夜の報道ステーションで、この事件を伝えた後の古館さんの発言が「年金制度や後期高齢者医療制度はどうなのか?」という発言に終始していました。

今回の事件が別個の事件であれ、連続したものであれ、年金制度や社会保障制度に不満をもった者によるテロ行為だったとするなら、その犯人は決して「義士」などではなく「民主主義の敵」だと考えます。


歴史上、民主主義国家において時代の閉塞感、停滞感が強まるとこのような政治家や官僚を狙ったテロ事件が発生します。1930年代、世界恐慌のあおりを受けた大不況と、政党政治の混乱(立憲政友会などで汚職が頻発。逮捕者も出た)で政治が停滞したときにも血盟団事件のような政治家や企業家の暗殺が発生し、それがやがて5・15や2・26のような軍部によるクーデターを招きました。

このとき、国民はこのテロを容認しました。政治の停滞や経済の混乱を前に、国民はこのテロリズムを容認してしまったのは事実です。戦前の民主主義を崩壊させた責任は軍部ではなく、その軍部や血盟団のような政治的テロリズムを容認した国民にあると思います。


そして、今回の事件。まだ政治的テロかどうかははっきりしていないとはいえ、すでに今回の事件を「年金制度をおかしくしたせいだ」などと考えて、容認する考えが出ていると思います。私の印象では、昨日の報道ステーションもそんな風潮に乗っていたように思えます。「テロリズム」に対する批判よりも先に「年金問題や社会保障制度」に対する批判を先にしていましたから。


これがテロだとするなら、マスコミ「いくら政策に不満があるとはいえ、それを言論や投票行動で示すのではなく、テロリズムによって示そうとするなら、それは民主主義国家である日本のためにはならず、むしろ脅威である。」とはっきりいうべきではないか、と思いますね。そして、捜査機関には早急に犯人を検挙し、民主主義に対するテロリズムには断固とした姿勢で応じることを示してほしいと思います。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

少年犯罪の凶悪化 [国内治安関係]

本日、本当に驚くべきニュースが流れました。

切断の指、カレー鍋に隠す=少女ら4人の集団暴行-三重

18歳の少女に暴行し右手小指を切断したとして、傷害容疑で逮捕された三重県の15~18歳の男女4人のうち、同県松阪市のアパートに同居する少女2人が、松阪署員に任意同行を求められた際、「びっくりして(切断した指を隠そうと)鍋の中に捨てた」と供述していることが21日、分かった。
 鍋にはカレーの残飯が入っていたという。指を切断した理由については「落とし前をつけさせるため」と話している。
 少女2人は知人の無職少女(18)が悪口を流していると聞き、18日午後にアパートに呼び出し、その後、無職少年や男子高校生と暴行、重傷を負わせたとして、20日に逮捕された。(共同通信)

これ中国や朝鮮の話じゃないんです。日本の、三重の話なんです。しかもやったのは未成年。

しかし・・・こんな相手を拉致し、暴行した上で右手小指を切断し、カレー鍋にいれていても実名公表されないなんて・・・なんかおかしすぎる気がします。元々、少年法というのは戦後まもなく、食べ物がどうしてもほしくて、生きるために仕方がなく少年たちが窃盗やら恐喝をやっていたので実名公表などが避けられていたのです。しかし、最近の少年犯罪は福島の事件のように大人以上に短絡的かつ凶悪、猟奇的なものになっています。

もはやこのような事件を起こすやつを未成年だからといって、甘やかしてていいのでしょうか。私は未成年でも凶悪な場合は実名を公表し、大人と同じ刑事裁判にかけられるようにすべきではないか、と考えます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

立てこもりの結末と警察の対応の悪さ [国内治安関係]

こんにちわ。そうてんです。私としては犯人射殺で終わってほしかったのですが、犯人が命乞いをしたためにSAT隊員1人死亡、人質は自分で脱出、犯人は自ら投降という愛知県警の無能さが浮き彫りとなる結果となりました。

この事件は愛知だけの問題にとどまりません。北朝鮮の特殊工作員やイスラム過激派のテロリストが『日本の特殊部隊なんてこんなもんか』と思って、これからどんどんテロが起こるかもしれません。それくらい特殊部隊の存在というのは大きいのです。     そして、私が一番問題だと思ったのは報道機関に殺害された隊員の住所がわかってしまったことです。特殊部隊の隊員というのはそれだけでテロの標的となります。家族を拉致殺害したり、隊員の乗る車に爆弾を仕掛けたりなんてのは外国ではよくある話です。これでは特殊部隊の隊員は安心して対テロの任務に就くことはできません。

今回の事件の発端はもちろん犯人ですが、ずるずると長期化させ、隊員を死なせたのは愛知県警の責任です。これを機に対テロやこのような立てこもりへの対応を見直すべきではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
国内治安関係 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。